シネコンとは?

ここではシネコンの定Drive_In_Cinema義についてご説明いたします。シネコンとはシネマコンプレックス(複合映画館)の略で、同一施設内に複数のスクリーンを持つ映画館をさします。通産省によるシネコンの定義については6スクリーン以上、3映写室以上あることや、チケットカウンターやロビーを共有していて、総入れ替え制を採用していることとなっています。立ち見はありません。日本国内の場合、7 〜12程度のスクリーンを1つの映画館内に集約していることが多いです。各スクリーンの客席数は80〜500席程度で、大小のスクリーンを組み合わせている施設が多く、集客力の見込める作品は客席数の多いスクリーンで上映し、封切りから時間の経った作品や、集客力の落ちた作品は客席数の少ないスクリーンで上映する方式をとることが多いです。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *