シネコンの魅力

シネコンって何?

シネコンとはシネマコンプレックスの略で、本来は4つ以上のスクリーンを持つ映画館にレストランや遊技場、ショッピングセンターなどが併設された複合施設のことである。ただし、日本では(複数のスクリーンを持つ)映画館自体をさして使われることが多い。また、シネコンの中で6スクリーン以下の小規模なものをミニコン、18スクリーンを越える大規模なものをメガコンともいう。シネコンの歴史は古く、1960年代後半にアメリカで誕生。日本にシネコンが登場したのは大店法改正の翌年である1993年4月で、神奈川県海老名市にあるワーナー・マイカル・シネマズ海老名が第一号である。寒い冬はシネコンも良いが、コタツの中でスマホを片手にオンラインカジノを楽しむのも手である。オンラインカジノはインターネット環境さえと通って居れば、本場のカジノと同様のゲームがプレイできる。またオンラインカジノはよく映画の主人公とタイアップしたスロットもあるので映画ファンの人は必見である。

シネコンでは邦画・洋画・アニメなど様々な主要映画がひとつの建物で見られる他、満席が予想される人気映画は複数スクリーンを使い、時間差で上映することで混雑を避けられるといった利点がある。また、シネコンはレストランやショッピングセンター、ゲームセンターなどと連動した郊外型の複合施設が多い。これにより、ショッピングセンターなどの駐車場が使えるといった利点もある。更にシネコンの多くは、定員入れ替え性(座席指定が多い)で立ち見もなく、音響設備なども最新のものを取り入れているため、映画館の主要なスタイルとなっている。シネコンの多くは外資によるもので、主なシネコンにワーナー・マイカル・シネマズ、ヴァージン・シネマズ、AMCシアターズ、東宝系のTOHOシネマズ、松竹系のMOVIXなどがある。