ミニシアターの魅力

ミニシアターとは定員200人5453855920_0023094ce5_b程度までの小さい映画館のことを指します。都心では定員500人級から1000人級というスクリーンが標準であったため、それ以下の規模の映画館をミニシアターと呼ぶようになりました。上映作品は都市部の場合、映画館が決めた方針によって上映される映画のジャンルが決まっていることが多いのです。一方で、地方では映画館自体の館数が少ないこともあり、都市部でヒットした作品を後で上映したり、名画座的な過去作の上映の間に新作を入れる程度のミニ
シアターもあります。ミニシアターの場合、シネコンで上映される映画よりもマニアックな作品が上映されることが多い印象があります。テレビのCMで全く予告を観ないような、マニアックな映画たちです。シネコンでは放映されないような尖った作品に出会えるのもミニシアターならではの魅力です。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *