映画館の歴史

映画館以前の映画はエジソンらが発明したキネトスコープから始まりました。それは今のようにスクリーンに映してみんなで鑑賞するものではなく、一人で小窓から覗き込む映画16121544321_63ac1c2470_b装置でした。その後リュミエール兄弟によって現代の用にスクリーンに投影するタイプの映画が開発され、普及し始めました。20世紀初頭、アメリカで流行したニッケルオデオンが最初の常設型映画館であると言われています。その後20世紀半ばからは現代のドライブインシアターエアドームなどの屋外映画場などが登場し始めました。大型映画館であるシネマコンプレックスが登場したのは1980年代以降で、今日では郊外へのショッピングモールの進出と相まって、映画館の主流形態となっています。また近年では、街づくりへの貢献などを目的として、コミュニティシネマを作る動きもあります。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *